京都府をつむ散歩

京都府をつむ散歩

京都府をつむ散歩記事一覧

そうだ、京都に行こう!2日目京都守護職本陣

昨日の飲みでだれも起きてこない・・・(>_もう10時なのに〜。しかたがないのでスターバックスでカフェ・ラテのトールサイズ。さて、11時散歩スタート!京都は雑貨屋さんがおおくて楽しい。手作りの雑貨は味わいがあってね〜。京都って街は水がきれいですね、自然に濾過され、ミネラルが加わっておいしい水って感じか...

≫続きを読む

 

そうだ、京都に行こう!3日目伏見城と龍馬の寺田屋

京都の電車はレトロだ。このふかふかのシートは東京でも以前はよくあった。東武東上線もこのシートの色違い。冬はお尻があたたかくてね〜。東福寺駅です。ここを散歩したかったです。お寺がこのエリアに数十個あります(>_こんなさびれた商店街を抜けると・・・ここは鳥羽伏見の戦いで亡くなった方の菩提所です。東福寺は...

≫続きを読む

 

映画クロズドノートでみる京都の町その@

(2016年5月)昨夜の夢は金色〜幼いころに遊んだ庭〜あ♪というわけで最近、原田知世さん主演の時をかける少女をケーブルテレビでみたつむですが、何故か最近ロクでもない夢しか見ません・・・・。金色ではなく、グレー(+_+)さて気をとりなおして、滋賀県から京都旅行3日目です。これは映画のワンシーンです、わ...

≫続きを読む

 

映画クロズドノートでみる京都の町そのA

(2016年5月)さて、こっちの方向ですわ。おおっとここでがんす(ハクション大魔王)ここからみる京都の風景はほんとすてき。あれ、この風景の場所かと思っていたけど違うな・・・。向こうの橋かな?次回いってみよう。いい時間だ、本日新幹線で帰ります。歴史部は飛行機のったかな。叡山電鉄にのまして。京都市内の北...

≫続きを読む

 

福知山を散歩|福知山で解決!トイレに神様はいるか問題

(2017年10月)丹波篠山、福住と散歩して、福知山がもうすぐ。行ったことのない街へ降り立つときのワクワクとその前座でのこの車窓の風景を楽しむ時間がなんとも。なんともノスタルジックな駅に出会うこともある。あ、青空がみえてきた。車窓から福知山城か。海の京都?お城とスイーツか。ならばまずは明知光秀の福知...

≫続きを読む

 

京都のドローカルを散歩|三条通り商店街と町家をぶらぶら散歩

(2019年6月に散歩)オリンピックで最も重要なことは、勝つことではなく参加することである。同様に、人生において最も重要なことは、勝つことではなく奮励努力することである。クーベルタン来年は東京オリンピックか。日本はどこもかしこも外国人でいっぱいかな。世界情勢があやしいなかだけど、日本にきてもらえるこ...

≫続きを読む

 

京都のドローカルを散歩|五番町遊郭跡と妖怪ストリートと仁和寺散歩

(2019年7月に散歩)その通り。しかしおもしろい住所、昔の地名か。さて京都どローカル散歩を。やはり銅板を建材として使う時代を感じるね。こんなのもありか。ここでお昼をいただくか。箱入り鐘馗さまあり。京野菜の天ぷら。うだってるな〜モルタルか。アピール強よぉ〜7月の京都は暑いずら。おもしろい床屋さん、増...

≫続きを読む

 

伊根を散歩|吉川英治も宿泊 清輝楼と舟屋がすてきな伊根散歩

(2019年10月に散歩)いきなりですが旅館の朝食、あ〜朝から癒される。焼き魚は定番だな。木の木目がでてる豪華なものだ。さてそろそろ出発するか。蚊取り線香があるんだけど、蚊が多くてちょい困り。おびき寄せて3匹撃沈(^^)/清輝楼(せいきろう)という歴史ある旅館で創業は1600年代後半元禄時代。吉川英...

≫続きを読む

 

京都島原を散歩|島原花街(西新屋敷)は男のパラダイスだった?

(2019年11月に散歩)さて今回はここ京都・阪急京都線西院駅から散歩をスターてぃん(りんごちゃん風)京都のサッカーチームはたしかパープルでしてでしょ。京都はどこを歩いても絵になるな〜。綾小路きみまろ?宇多源氏庭田家の分家に綾小路家がこのあたりか。っていうか公家の綾小路と綾小路きみまろとの関係はいか...

≫続きを読む

 

京都を散歩|五条遊郭跡と幕末の天満屋事件現場を散歩してみた

(2019年11月に散歩)東出いいな〜かわいい唐田さんと不倫か・・・。あそこまでかわいいと悩殺だよな・・・おっと独り言が多くなるこの頃、前回の島原散歩の続編はじまり〜。なんかいい感じだよな〜。そして鐘馗さまもしっかり鎮座。さそわれる〜。なんなんだこの木造三階建ては(?_?)花・・つまり花街だったのだ...

≫続きを読む

 

淀と石清水八幡宮を散歩|淀城と河津桜 東高野街道と石清水八幡宮

(2020年2月に散歩)『古建築の細部意匠』定価は3000円するが、amazonで半額くらいで購入したかな。なんせ建築に関する本となると専門書になってしまう。素人向けのわかりやすい本なんてのはなかなか。この手の本が我が本棚に揃ってきた。「神は細部に宿る」とは欧米の建築家の名言だ。細部へのこだわりは見...

≫続きを読む

 

勝龍寺城を散歩|山崎の戦いと明智光秀の勝龍寺城 ガラシャと忠興

(2020年3月に散歩)『日本史研究』京都の散歩に歴史の知識は欠かせない。この本はかなり分厚い書籍だが、書き方は口語調ですんなりはいってくるし歴史上の出来事の羅列ではなく原因と結果などが語られているのでおもしろい。読み物風だけど、項目ごとにしっかりまとまっていて検索もしやすい。阪急電車・大山崎駅。め...

≫続きを読む

 

光明寺を散歩|丹波街道と紅葉の長岡天満宮と光明寺をぶらり散歩

(2019年12月に散歩)『江戸の天文学〜渋川春海と江戸時代の科学者たち』中国では正確な暦をつくることが至上命題であった。紫禁城(故宮博物院)には、その中庭に大きな日時計がある。暦はもちろん農作物などの作業時期を知るのが主な目的だが月を観察してその運行の規則性・周期などを観察することで天文学となった...

≫続きを読む

 

京都怨霊の歴史散歩@|早良親王幽閉乙訓寺と藤原種継暗殺地と長岡京

(2019年12月に散歩)『鳥居大図鑑』鳥居もいろいろある。でもそこまで差異に面白みがあるものでないので深堀していない。しいていえばここをこえると聖域だということでちょっとドキドキする。鳥居を越えたら江戸時代にタイムスリップとかあるかも。「世にも奇妙な物語」あたりでみたかも。さて今回の散歩は、光明寺...

≫続きを読む

 

京都怨霊の歴史散歩A|陰陽師・安倍晴明と怨霊菅原道真・崇徳上皇

(2020年春先に散歩)さて小松和彦さんの『重ね地図で読み解く京都の魔界』「京都には、過去において、(略)怨霊や妖怪と戦うためにたくさんの寺院や神社を建立し・・」なるほど京都に神社仏閣が多いのはこの理由か、お寺や神社が多い土地はそれだけ厳しい歴史があり、救いを求める何かが必要だったと自分は理解してい...

≫続きを読む

 

亀岡を散歩|麒麟がくる明智光秀の亀山城を散歩なんと信長の供養塔

(2020年1月に散歩)『迷宮の日本史あの人の足どり』歴史の謎研究会明智光秀が本能寺にどういうルートでたどり着いたのかそのことが散歩後調べたがなかなかわからなかった。webはどれも断片的、不足、不正確、適当にみえる。この本は文献の検証がしっかりしていて説得力があった。京都駅をJRに北西方向へ、車窓の...

≫続きを読む

 

嵐山を散歩|清凉寺の豊臣秀頼首塚と嵐山をぶらっと散歩天気いまいち

(2020年1月に散歩)さて、亀岡を散歩したあと、嵐山で下車。ここは観光地なのでどうかと思ったが、多少見るところもあるので・・・。嵐山といえば、武蔵嵐山(埼玉)なのだが、やはり「嵐山」が先駆者なのか。郡山と大和郡山とでは、大和郡山が後進か?つむ散歩ではついついバス停に目がいってしまう。色使い(=会社...

≫続きを読む

 

大和大路通りを散歩|京都の町家が連なる大和大路をぶら〜り散歩

(2020年2月に散歩)今日はこの本を参考に散歩だ。著名人の墓が紹介されている、歴女という言葉はもう古い。もっと細分化したカテゴリーが存在するのだ、それが墓女(はかじょ)東京では例えば小説家のお墓参る女子がよくいた。例えば芥川龍之介など、あと尾崎豊・・。というわけで墓男といったところだろうか。それと...

≫続きを読む

 

宇治を散歩|鬼女橋姫と源氏物語の舞台・宇治と宇治平等院を散歩

(2020年2月に散歩)さて、日本妖怪見聞録。この本は前も登場したかな、今回の散歩の前半に大きくかかわるところだ。京都の歴史上、女性の妖怪としてもっとも恐れられ妖怪の痕跡を今回は散歩する。もっとも妖怪以上にこわい女性は現実に多々いるようのでさほどそれがどうしたところでもあるが・・・。妖怪や幽霊よりや...

≫続きを読む

 

中書島を散歩|中書島の遊郭あとと長建寺の弁天さまをぶらり散歩

(2020年2月に散歩)宇治の散歩につづいて、中書島・・・島か?このあたりは昔の遊郭だ、それで散歩してみようかと。看板建築が多いの〜。おっとお風呂だ、いい建物だな。おっとおまちですか。唐門か。お〜歴史のあるおみくじだの〜。さて、弁天さまはどんなギャルだか、推定年齢は?1300歳?(+_+)店の名前で...

≫続きを読む

 

烏丸御池を散歩|老舗和菓子屋亀末廣と和紙でしおりをつくる散歩

(2020年春に散歩)NTTドコモの口座を利用した詐欺が起きているらしい。ところでオレオレ詐欺が実家にかかってきたとき母はみごとに撃退した。お宅の息子が仕事でやらかしたので、今すぐお金を振り込んで欲しい(やらかす可能性があるので笑えない・・・)。“息子は死にました”・・相手は受話器を静かに置いたそう...

≫続きを読む