御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

(2020年10月に散歩)

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

おいしいパン屋さんをみっけ、京都のローカル、あんまり観光客はこないところ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

何度見ても立派でかっこいい建物だな。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

こっちもいい、木が邪魔なんだよ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

阪急電車と地下鉄を乗り継いで御陵駅に到着。
御陵とはだれのお墓でしょうね。

ところでここは京都府の滋賀県より山科ということろだ。
大津宿から京都へ入る入り口だな。

山科出身の有名人といえば
小林薫、近藤正臣、松井大輔(サッカー選手)、波留敏夫(プロ野球選手)
中島知子(お笑)

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

御陵に行く前に本圀寺へ向かおう。
山科には西野山という場所があり、大石内蔵助はここから祇園に通って
仇討ちなど興味なしと世間に知らしめていた。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

用水路だ、すごい流れで水量もある。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

黄色のモンシロチョウ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

めずらしく散歩っぽい写真というか。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

でるんか。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

おもしろい生え方をするな〜。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

本圀寺、ここは<麒麟がくる>で信長軍が本拠地にした寺だ。
京都の中心地にあったのだが、1971年にここ山科へ移転したのだ。
本圀寺はとても敷地が広く、京都市内では道路の拡張で
その敷地が分断されて判断した。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

この文字は何体というのだろうか。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

開運門をくぐって。
この門は1592年加藤清正が寄進した門よ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

大きな鐘だ。
登れないが説明によると、水戸の副将軍が
本光山本圀寺の光圀をとって水戸光圀と名のったそうだ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

木鼻でも個性があるものだな。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

さてお参りしよう。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

ツルツルしとる。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

まじかぁ〜!!黄金の鳥居 
加藤清正公廟所なのだ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

唐様に金が・・・派手好みは秀吉じゃなくて清正か?

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

豪華なカエル股というべきか。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

玉をくわえてるのは超レア。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

さて歩くこと20分、いよいよ御陵へ入る。
御陵の裏から回り込んで入り口まできた。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

ある著名な天皇のお墓だ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

参道がながかった。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

その名は天智天皇。
中大兄皇子といったほうがわかりやすいかも。
日本史で教科書の前半にでてくる人物だ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

天智天皇の在位は668-672年と意外と短い。
飛鳥時代・・・どうして山科??
飛鳥つまり奈良にも天皇陵はある。
かなり離れた山科か。

中大兄皇子といえば中臣鎌足もお墓も今でいう大阪府にある。
安威を散歩

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

古墳の形状も気になるところだ、入場できる範囲ではわからない。
wikiによると
「上円下方墳の形式で築造。古墳の大きさは、上円下方墳と見做す場合、
上円対辺長約46メートル、下方辺長約70メートル、高さ8メートルである。」

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

さて、東海道を通ってJRの山科駅に向かうとしよう。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

さて旧東海道にはいった、お寺や古い町家がどれだけ残っているかね。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

お寺が登場・・・阿弥陀寺、行基が開いたお寺。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

なんとも珍しいデザイン、竹か。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

ん〜なんとも怪しげな・・・たしか奈良かな、由緒あるお寺の系列だ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

そういえば大阪にきて泉州茄子をたべたけどうまいな〜漬物よ。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

どこできれんねん、ストレスたまるわ(大阪弁)

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

京都府はおもしろい角度から上下水道をアピールするね〜。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

もう少しでJR山科駅、坂だな。近代的な建物が増えてきた。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

と思ったら西念寺・・・このお寺の名前もよくきく。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

江戸時代の車は大八車のことだろう。
大八車といえば、江戸時代の学者新井白石が前方後円墳と名付けた。
今、われわれが知っている江戸時代以前の歴史は江戸時代に編纂された
史料に頼るところが大きい。
新井白石は、古墳をみて、大八車を横からみた姿をイメージしたらしい。
だが、実際の古墳は円の部分が中心で“後ろ”ではない。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

さて京阪・JR駅に到着。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

京都市内で取引先の女性スタッフからおしえてもらったわらび餅をたべた。
やわらかい・・・マツコデラックスが紹介したらしくとても人気。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

前から狙っていたお店に。

御陵を散歩|山科の本圀寺と天智天皇陵を散歩、そして東海道を山科駅

ん〜おいしすぎて物足りない・・・。
さて帰ろう。


関連ページ

そうだ、京都に行こう!2日目京都守護職本陣
今回は京都です。明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな気ままな街歩きの旅を楽しんでいます。観光地は人が多くっていまいち、週末も混んでるからできれば平日に歩きたい。平日こそその街の素顔にあえるんですよん(^^)v
そうだ、京都に行こう!3日目伏見城と龍馬の寺田屋
今回は京都です。明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな気ままな街歩きの旅を楽しんでいます。観光地は人が多くっていまいち、週末も混んでるからできれば平日に歩きたい。平日こそその街の素顔にあえるんですよん(^^)v
映画クロズドノートでみる京都の町その@
今回は京都です。明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな気ままな街歩きの旅を楽しんでいます。観光地は人が多くっていまいち、週末も混んでるからできれば平日に歩きたい。平日こそその街の素顔にあえるんですよん(^^)v
映画クロズドノートでみる京都の町そのA
今回は京都です。明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな気ままな街歩きの旅を楽しんでいます。観光地は人が多くっていまいち、週末も混んでるからできれば平日に歩きたい。平日こそその街の素顔にあえるんですよん(^^)v
福知山を散歩|福知山で解決!トイレに神様はいるか問題 
福知山を散歩。福知山は福知山城とスイーツ。福知山の散歩は古い町家や寺社通りを。福知山の散歩では栗のスイーツあり。福知山の散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介します。ガイドブックにないとっておきの福知山散歩を。
京都のドローカルを散歩|三条通り商店街と町家をぶらぶら散歩
京都のドローカルを散歩。三条通り商店街と町家をぶらぶら散歩。京都に観光地を歩かない(笑)ドローカルを散歩。散歩ルートは気の向くまま。普段着の京都を散歩しましょう。京都散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介。
京都のドローカルを散歩|五番町遊郭跡と妖怪ストリートと仁和寺散歩
五番町遊郭跡と大将軍妖怪ストリートを散歩。京都に妖怪ストリートなんてあるんだ。正式には大将軍商店街。その近くに五条の遊郭跡がある。京都の花町跡だな。それでは妖怪ストリートをたくさんのオリジナル写真で紹介します。
伊根を散歩|吉川英治も宿泊 清輝楼と舟屋がすてきな伊根散歩
伊根を散歩。宮津から出発して車で伊根へ。伊根の舟屋の見事なこと。伊根は内海で海は穏やか。伊根には酒蔵もあるけど、まぁーすごい舟屋、これを散歩して裏からみましょう。伊根をたくさんのオリジナル写真で紹介。
京都島原を散歩|島原花街(西新屋敷)は男のパラダイスだった?
京都島原を散歩。島原は江戸時代からの花街。幕末は志士がここで会合?豪遊?した場所だ。さて島原大門をくぐり抜けて遊郭へのりだすしますか。
京都を散歩|五条遊郭跡と幕末の天満屋事件現場を散歩してみた
五条遊郭跡を散歩。西本願寺ちかくに天満屋跡があります。ここは幕末に天満屋事件があった場所です。京都を散歩していると歴史がリアルですね〜。京都をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
淀と石清水八幡宮を散歩|淀城と河津桜 東高野街道と石清水八幡宮
淀城と河津桜 東高野街道と石清水八幡宮 淀城は幕末に歴史の舞台になった場所。それと河津桜を植えて街おこしかな。石清水八幡宮にのぼりました。こりゃ大変。淀城と石清水八幡宮をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
勝龍寺城を散歩|山崎の戦いと明智光秀の勝龍寺城 ガラシャと忠興
勝龍寺城を散歩。山崎の戦いと明智光秀の跡をたどる散歩。勝龍寺城はガラシャと忠興の新婚時代のお城。明智光秀は山崎の戦いにあたりこの城から出陣・帰陣。勝龍寺城と西国街道を散歩。
光明寺を散歩|丹波街道と紅葉の長岡天神と光明寺をぶらり散歩
紅葉の長岡天満宮と光明寺をぶらり散歩。長岡天満宮も光明寺も紅葉がすばらしい。紅葉の長岡天満宮と光明寺をぶらり散歩しましょう。長岡天満宮と光明寺をぶらり散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
京都怨霊の歴史散歩@|早良親王幽閉乙訓寺と藤原種継暗殺地と長岡京
京都には怨霊の歴史がある。政府は怨霊を公式に認めこれを鎮める公式行事を行う。陰陽師・安倍晴明が登場。早良親王は怨霊となり災いをもらたした。長岡京遷都を巡る物語を散歩しましょ。
京都怨霊の歴史散歩A|陰陽師・安倍晴明と怨霊菅原道真・崇徳上皇
陰陽師・安倍晴明の活躍した一条戻り橋、晴明神社をリアルに巡る。怨霊になった菅原道真、崇徳上皇など。陰陽師・安倍晴明は天文学者だった!京都怨霊を巡る散歩を楽しみましょう。
亀岡を散歩|麒麟がくる明智光秀の亀山城を散歩なんと信長の供養塔
亀岡を散歩。麒麟がくる明智光秀の亀山城を散歩。明智光秀が本能寺を襲撃したのはこの城から出陣したあと。麒麟がくるの明智光秀。亀山城ちかくになんと信長の供養塔が。なぜでしょう?
嵐山を散歩|清凉寺の豊臣秀頼首塚と嵐山をぶらっと散歩天気いまいち
嵐山を散歩。嵐山の観光地はできるだけさけで嵐山の日常生活がみれるようなところを散歩。清凉寺だけはいってみたかったのでここをひとつの目的地に設定。豊臣秀頼の首塚があるのだ。
大和大路通りを散歩|京都の町家が連なる大和大路地をぶら〜り散歩
京都大和大路を散歩。大和大路は町家がたくさん並んでいてタイムスリップしたかと。大和大路をぶらり散歩。大和大路には鐘馗さまがたくさんあります。大和大路の古い街並みヲオリジナル写真で紹介します。
宇治を散歩|鬼女橋姫と源氏物語の舞台・宇治と宇治平等院を散歩
宇治を散歩。鬼女橋姫と源氏物語の舞台・宇治と宇治平等院を散歩。紫式部が描いた宮廷恋愛物語の舞台はここか。生きながらに鬼となった女・橋姫は旦那に浮気されただけ、安倍晴明どうする!
中書島を散歩|中書島の遊郭あとと長建寺の弁天さまをぶらり散歩
中書島を散歩。中書島の遊郭あとと長建寺の弁天さまをぶらり散歩。中書島駅から北に向かって散歩。中書島は酒造や歴史的な建物がある地区だ。中書島を散歩しましょう。
烏丸御池を散歩|老舗和菓子屋亀末廣と和紙でしおりをつくる散歩
亀末廣の和菓子を食べに行こう。亀末廣は江戸時代から続く老舗の和菓子屋さん。亀末廣の和菓子は砂糖菓子です。亀末廣は阪急烏丸御池駅から徒歩10分かかりません。亀末廣へ行きましょう。