津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

(2020年元旦に散歩)

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

『お守り散歩』・・お守り買っていたら部屋がお守りだらけになってしまう。
さすがにこの分野の散歩には手をださないが、お守りもいろいろあって
おもしろいのは確かですな。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

さて、ここで降りるとしよう。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

そう、この街は藤堂高虎の城下町なのだ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

高山神社、藤堂高虎を祭る神社だ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

最近の神様は会社以上に多角化だな、だいたい藤堂高虎は車わかるのか。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

さて、津城だ。
城のつくりは輪郭式平城。
つまり、本丸を囲むように二の丸をつくり、さらにその周りに三の丸をつくる。

どの方向からの攻撃にも防御が強いが、築城面積が広くなる。
大坂城、二条城が代表例かな。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

藤堂高虎は今治から転勤となったのか、単身赴任じゃね〜からな。
一族郎党家臣団を連れての引っ越しだ。
電車はないし、船かな〜大変そう。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

藤堂高虎だ。
身長はなんと190cmの大男だったとか(ほんとか?)
身体は弾傷や槍傷で傷だらけ、指も何本かはなかったそうだ。

この人は築城の名人で手掛けた城は宇和島城、今治城、篠山城、伊賀上野城、
膳所城、二条城を築城、大洲城の大改修も行っている。
とんでもない数だ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

小さいときこういうの怖かった、今でもちょっとな〜。
はよいこ〜。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

駅からは離れてるけど、このあたりが街の中心地か。
さすがに正月元旦は静かなもんだが。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

観音寺。
織田信長の弟信包(のぶかね)の使者滝川と長野家家臣細野藤敦が会談した場所だ。
信包はその後長野氏に養子入り伊賀上野城入りした。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

正月だけに餅にきなこまぶしているようにしかみえん。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

ここもかる〜く訪れたが、5円玉を投げたあと
壁裏からドンドン!と太鼓の音がひびいた、びっくり!

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

まぁまぁいい天気でしょ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

おもしろい会社名で・・・。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

さて四天王寺だ。
ここはお参りしよう。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

こういう映画あるんだ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

そう、ここには織田信長の生母の墓があり、藤堂高虎夫人の墓もある。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

織田信長の生母は本能寺の変のとき、安土城にいたが
異変をしって最終的に信包を頼りこの地で亡くなったということだ。
リアルな歴史だ。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

藤堂高虎夫人は夫が家康の側近ということもあり
津を留守にすることが多く、その留守中をしっかりしきったとか。

津を散歩|正月に藤堂高虎の城下町・津をぶらり散歩してみた

さて、津駅。
お昼はどこもやっていないので、駅に付設してあった吉野家でいただき。

日本でいちばん名前の短い駅だな。
さて、次は亀山へ向かおう。


関連ページ

伊勢神宮を散歩|古市街道と古市遊郭跡・伊勢の世古(路地)を散歩
伊勢神宮を散歩といいたいところだが、その参道の古市街道を散歩。日本三大遊郭の古市遊郭跡があった。伊勢の世古(路地)を散歩。伊勢の散歩は世古歩きがおもしろい。伊勢を散歩しよう!
松阪を散歩|蒲生氏郷の松坂城と小城安二郎が育った城下町を散歩
三重県松坂を散歩。松坂は蒲生氏郷の城下町。松坂は松坂牛で有名ですが、牛はみない(笑)。松坂の城下町散歩。松坂には古い街並みがある。松坂をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
六軒を散歩|北海道と名付けた松浦武四郎が住んだ街と伊勢街道を散歩
六軒を散歩。六軒は松浦武四郎が生まれた街です。六軒は伊勢神宮に向かう伊勢街道が通っています。六軒は伊勢街道の古い街並みが残る街です。 六軒をたくさんのオリジナル写真で紹介します。