須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

(2020年早春まだ寒い)

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

今日はここから散歩、須磨寺。
須磨か、源氏物語では、光源氏が皇室にこし入れ予定の女性に手を出しこれが発覚、
やべーと思った光源氏が逃げたのがこの須磨。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

頭がよくなるかな(笑)

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

誘われるな〜でも散歩始めて30歩だし我慢・我慢。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

さてみえてきたぞ。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

すこし桜が咲いてる。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

ここは源義経の陣地が設置された場所。
そして一之谷の合戦古戦場はこのあたり、そして物語がある。

振り返った若武者は平敦盛、一騎打ちを挑んだのは源氏の武将熊谷直実。
あっけなく敦盛はねじ伏せられたが、直実は自分の息子と同じ16,17才くらいだとわかり
ためらう。後ろからは源氏の御家人でも筋金入りの梶原景時が迫る。
もう、敦盛は逃げられない。
そしてもともと直実は平家から源氏へ寝返った家・・・。
泣く泣く直実は首をとった。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

熊谷直実はこれを悔やみ丁重に光明寺に供養した。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

さてもう今回の散歩は目的を達成し満足したが、まぁ散歩を続けよう。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

こんな絵馬か。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

本堂のあたりには穏やかな早春の風が吹いている・・・。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

・・・と思ったら風神さんじゃあーりませんか。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

雷神さんも(笑)
背中をかいてるようにみえるが・・。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

ここか。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

そうか。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

ん〜せつないな。
1000年前も今も人間そんなにかわらない。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

そういえば買ってたんだ(笑)

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

こんなところに蓮の花、いいでしょ〜。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

本物の亀はどれ?
「どけよ〜」
「重いって」

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

さくらに関する曲はいろいろあれど、つむっちはこの曲を思い出す。



あ〜さくらはちょっと寂しげなイメージだが、実際は散歩シーズンでたのしいこと
この上ない、そしてつむっちの辞書に花粉症という言葉はない。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

そんなにガンつけなくても・・・なめんなよ。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

八幡とは応神天皇のことかな、応仁天皇は武力の神様で、清和源氏や桓武平氏などから
崇拝されたようだ。八幡太郎義家、つまり源義家も名前をもらっている。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

どうみても軍事施設だろ(笑)

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

がおぉ〜っ!
・・・お約束なのでご容赦ください。

須磨を散歩|一之谷の戦い 平敦盛と熊谷直実の一騎打ちと須磨寺

なんてすきてきな駅名ですこと、きっとそんな歴史があるんでしょう。
さて、まだまだ寒いし神戸にでもよってから帰ろっと。


関連ページ

丹波篠山を散歩|丹波篠山の城下町散歩と元家老屋敷跡地に立つホテル
丹波篠山を散歩。丹波篠山といえば黒豆の城下町散歩と宿泊するなら元家老屋敷跡地に立つホテル。丹波篠山には武家屋敷や丹波篠山城、河原町妻入商家群を散歩。重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
福住を散歩|福住を散歩 篠山市福住は宿場町と静かな農村集落 
福住を散歩 篠山市福住は宿場町と農村集落 。福住は篠山口からバスで40分くらい。福住は重要伝統的建造物群保存地区。福住の散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介します。とっておきの福住をどうぞ。
城崎を散歩|城崎はカニと海鮮丼と夜の温泉街の街並み散歩がたのしい
城崎を散歩。城崎はカニと海鮮丼と夜の温泉街の街並み散歩がたのしい。城崎散歩はゆかたで温泉巡りをしながら夜の散歩を楽しみましょう。城崎の散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
出石を散歩|出石の城下町散歩と出石グルメ蕎麦を食べたい!
明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな軽い散歩をしています。なんてことない風景も季節と時間帯ですっかり絵になる風景ですよ、わかるかな?(^^)v
豊岡を散歩|鞄の街豊岡を散歩 豊岡にあるカバン自動販売機とは
豊岡を散歩。豊岡は鞄の街として有名で。豊岡の鞄の好きなところは利便性を重視しているところ。重たい皮鞄にこだわらわず人工皮革など素材も。そして個性的なデザインと使いやすさ。さて豊岡散歩を紹介。
天空の城竹田を散歩|兵庫県朝来市竹田の城下町散歩と秋の神輿お祭り
天空の城竹田を散歩。兵庫県朝来市竹田の城下町散歩と秋の神輿お祭りを見学。天空の城として有名な竹田城にはいきません(笑)。その城下町を散歩。ちょうど秋祭りを見学。竹田をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
姫路を散歩|姫路城と姫路の城下町を散歩 姫路散歩とっておきルート
姫路を散歩。姫路城と姫路の城下町を散歩 姫路散歩とっておきルート。姫路の城下町と東側の城下町を散歩。城下町らしい地割があり、おもしろい寺門のお寺を散歩。
魚住を散歩|魚住は港町 住吉神社から歩く港を散歩
魚住を散歩。魚住を散歩、魚住は港町 住吉神社から歩く港を散歩。魚住のとっておきの風景をたくさんのオリジナル写真で紹介します。魚住の散歩にでかけてみませんか。
明石を散歩|タコの商店街を散歩と白い灯台・旧波門崎燈籠堂
明石を散歩 タコの商店街を散歩と白い灯台・旧波門崎燈籠堂。明石でタコ焼きを食べました。明石の商店街はタコだらけ(笑)。明石の散歩をたくさんのオリジナル写真で紹介。さて明石を散歩しましょう。
神戸を散歩|異人館通りと外国人居留区と中華街をぶらぶら散歩
神戸を散歩。異人館通で洋館をみながら散歩。外国人街は映画のロケ地になるがっちりした建物が立ち並ぶ、そんな神戸の街を散歩。そのまま中華街も散歩。たくさんのオリジナル写真で神戸を紹介します。
神戸元町商店街から大輪田の泊りを散歩|平清盛が夢見た貿易港
元町の商店街から大輪田の泊を散歩。大輪田の泊は平清盛が夢見た貿易港。大輪田の泊をたくさんのオリジナル写真で紹介します。さて大輪田の泊を散歩しましょ。
宝塚を散歩|小浜宿と豊臣秀吉が宿泊した毫摂寺(ごうしょうじ)
宝塚市を散歩。ここは宿場町小浜宿と毫摂寺(ごうしょうじ)を散歩。小浜宿と毫摂寺をたくさんのオリジナル写真で紹介します。小浜宿と毫摂寺の散歩に出かけませんか。
湊川神社を散歩|楠木正成の湊川神社と大衆芸能の道をぶらり散歩
明日はどこへ行く?風にきいてください♪なんちゃって。そんな軽い散歩をしています。なんてことない風景も季節と時間帯ですっかり絵になる風景ですよ、わかるかな?(^^)v
尼崎を散歩|クラシック甲子園PL学園桑田と尼崎寺町をぶらり散歩
尼崎を散歩|クラシック甲子園PL学園桑田と尼崎寺町をぶらり散歩しました。尼崎をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
龍野を散歩|播磨の小京都龍野・脇坂氏の城下町を朝から散歩
龍野を散歩。龍野は播磨の小京都。龍野は脇坂氏の城下町。龍野は揖保川と山に囲まれている。龍野は醤油の街で、武家屋敷、古い街並みが残っていて散歩が楽しい。龍野をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
播州赤穂|播州赤穂の赤穂城と大石内蔵助が暮らした街をぶらり散歩
播州赤穂を散歩。播州赤穂は浅野家の城下町。曇りの午後に播州赤穂を訪れた。播州赤穂は中学生のときにきた。播州赤穂をたくさんのオリジナル写真で紹介します。
坂越を散歩|菅原道真が立ち寄った港町・坂越を正月につむ散歩
菅原道真が立ち寄った港町・坂越を正月につむ散歩。坂越は知らないでしょう。つむ散歩ならではの散歩かな。
伊丹を散歩|荒木村重の有岡城と城下町にある酒蔵と古いお蕎麦屋さん
伊丹を散歩。ここは荒木村重の有岡城を中心とした城下町だ。伊丹に酒造あり。伊丹といえば空港ですがこんな城下町が。伊丹の街をたくさんのオリジナル写真で紹介。伊丹を散歩しましょう。伊丹いいとこ。
西宮を散歩|西宮神社と街中にえびすさまがニコニコ夙川まで散歩
西宮神社を散歩。西宮神社はえびす総本社。年初の福男はここか。街中にはえびすさまがあちこちに。えびすさまにのっかってるな。西宮を訪ねましょう。西宮をたくさんのオリジナル写真で紹介します。