川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

川越散歩|あじさいの季節には川越を散歩しよう

(2017年6月に散歩)

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

今日は川越のあじさい散歩です。
季節ごとに楽しめるのが川越の街の魅力です。

なおあじさい、アジサイ、紫陽花といろいろと表記できますが
“あじさい”がすきですね。
平仮名があうような気がするんだよね〜。

あじさいってゴージャスで華麗なイメージがあるので
紫陽花にするとなんかお高く留まっているような気がして。

でもあじさいはなんてことない街角に咲いてるでしょ。
庶民的な“あじさい”が好き。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ほ〜ら、こんな感じ。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ひまわりが!
ひまわりは向日葵がいいかも。
日に向かって咲く・・・。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ミツバチ君集中してるな〜、おれは仕事中も集中していない・・。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

探すといろいろあるもんだね(笑)

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ゴミ出し場所の看板まで川越の象徴・時の鐘か。
こだわってるね。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

さて本日の目的地の一つですな。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

仙波東照宮です。
ここが川越のあじさいスポットです。
川越の地元民があじさいを楽しむとっておきの場所です。

仙波東照宮は、喜多院第27世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀ったものです。
仙波東照宮のHPをみるとこんな記載があります。

「家康公は、元和2年(1616)4月17日、75歳で薨去されると、
いったんは静岡県の久能山に葬られましたが、
家康公の遺言に従い、元和3年(1617)、2代将軍秀忠は亡父家康公の遺骸を
あらためて日光に移葬しました。」

「元和2年(1616)駿府城で徳川家康が亡くなると一旦久能山に葬りましたが、
元和3年(1617)日光山に改葬の途中、
3月23日から26日までの4日間、遺骸を喜多院に留めて天海僧正が導師となり
大法要を営みました。」

家康の遺骸が実際にある場所の候補は
静岡県の久能山、日光東照宮、大阪の某所です。
大阪の某所は夏の陣で奇襲に会い死亡説があり、これも有力です。
実地の検証はされていません。
それほど恐れ多い・・・のでしょう。

いずれに日光へいくのでそのあたりをしっかり紹介しましょう。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

きゃっほ〜(^o^)/

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ん〜今年もいい色だしてるね。
土が酸性かアルカリ性かで色が決まっるとか。
いろいろな色があるってどういうことかな〜。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

いい青ですよね〜。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

やっぱり紫かな〜。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

のぼってみますか。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

葵の御紋です、徳川です。
葵は植物をデザインした家紋です。

あれ、珍しく開門してるな。
まぁ今回はいいや。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

さて、喜多院へ。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

いいんじゃないですか。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

喜多院の本殿です。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

この裏があじさいスポットです。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ん〜今年もいいね。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

さて、喜多院の正面門から出ると。
これもいつもことですわ。
しかし、梅雨の空ですな。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

路地にもあじさい。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

白はレアじゃね?(若者風)

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ふ〜ん。



さて、あじさいといえばどんな歌を思いでしますかね。
この歌知ってますか。
原由子さんの「あじさいのうた」です。

だんだん好きになって♪

映画「BU・SU」のエンディングテーマ曲です。
富田靖子さん主演。
“性格ブスな”女子が自分の生きる道をみつけて
最後でにやっとすてきな笑顔になる映画です(笑)。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

妄想から覚めたら小腹が減った。
川越といえばサツマイモ。
が、このお店をしている人は地元民だけです。
ちなみにこの芋は川越産ではない!!!(意味なくね?若者風)

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

つまみ食い・・



やっぱりあじさいといえば、城之内早苗のあじさい橋ですよね〜。
Webチームのどいちゃんに似ているような・・・。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

いい青でしょ〜イムさん。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ん〜今回のベストショットか。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

さて、何屋さんでしょ〜。

川越散歩|川越のあじさいをめいいっぱい楽しむ

ランプ屋さんでした。
さて、散歩終了しますか。
またちがう季節で散歩かな。


関連ページ

川越散歩|川越には郊外にも蔵がある 必見蔵マニア向け
川越は蔵がたくさん、蔵の街です。川越を散歩します。地元川越を川越え市民が地元ならではのとっておきの散歩ルートを紹介。川越の写真はすべて散歩中に撮影したオリジナル。川越のグルメ、地ビール、蕎麦、雑貨、カフェなど川越の魅力満載です。
川越散歩|川越街道の白子宿 清龍寺不動院を散歩
川越街道の白子宿 清龍寺不動院を散歩。地元川越えを川越え市民が地元ならではのとっておきの散歩ルートを紹介。川越の写真はすべて散歩中に撮影したオリジナル。川越のグルメ、地ビール、蕎麦、雑貨、カフェなど川越の魅力満載です。
川越散歩|川越の菓子屋横丁を歩く
川越の菓子屋横丁を歩きましょう。江戸時代から伝わる和菓子ストリート。アメ細工が有名です。川越を散歩します。地元川越えを川越え市民が地元ならではのとっておきの散歩ルートを紹介。川越の写真はすべて散歩中に撮影したオリジナル。川越のグルメ、地ビール、蕎麦、雑貨、カフェなど川越の魅力満載です。
川越散歩|川越大田街道と善長寺を散歩
川越大田街道を散歩。善長寺で古代蓮をみましょう。善長寺は創建もう500年ほどです。古い街や蔵が残る街並みをつむ散歩。
川越散歩|川越の桜隠れ名所・砂中学校の早咲き桜
川越を散歩します。地元川越えを川越え市民が地元ならではのとっておきの散歩ルートを紹介。川越の写真はすべて散歩中に撮影したオリジナル。川越のグルメ、地ビール、蕎麦、雑貨、カフェなど川越の魅力満載です。
川越河岸街道と旧川越街道・藤間宿跡
川越には河岸街道があり、旧川越街道がありました。はたして河岸街道にむかし町の跡は残っているのでしょうか。藤馬宿も歩きます。河岸街道万歳?
川越の喜多院西側の遊郭跡をつむ散歩
川越には喜多院ががあります。喜多院西側、つまり喜多院の真裏あたりに遊郭があったそうです。現在でもその建物がいくつか残っています。散歩してみましょう。建物に特徴がありました。
川越散歩|川越の昔ながらの看板をみて散歩
川越を看板をテーマに散歩してきました。それとはいったことのない喫茶店でパスタを食べてきました。天気の夕方に川越を散歩ですよ。川越にはおもしろい昔ながらの看板があります。
川越散歩|川越蔵の街のとっておき裏通りを散歩  
川越の裏通りを散歩しました。観光地ではない川越の今と昔を楽しんでみました。こんなノスタルジックな風景をみのがすなんてもったいない!川越重要伝統的建造物保存地区です。
川越散歩|川越市木野目から並木へ散歩
川越市 南古谷周辺を散歩しました。川越の昔ながらの風景が残る街です。川越を散歩します。地元川越えを川越え市民が地元ならではのとっておきの散歩ルートを紹介。川越の写真はすべて散歩中に撮影したオリジナル。川越のグルメ、地ビール、蕎麦、雑貨、カフェなど川越の魅力満載です。
川越を散歩|地元民ならでは夜の川越を散歩
川越を散歩。川越を地元民ならではの夜散歩しました。川越の夜は電燈がともってとってもすてきな風景です。夜の川越散歩をオリジナル写真で紹介します。夜の川越散歩を楽しみましょう。