浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀を散歩

(2017年3月に散歩)

君に会う日は不思議なくらい雨がおおくて
水のトンネルくぐるみたいで幸せになる
「はじまりはいつも雨」

なんて素敵な歌詞なんだ。
ですが、今日は快晴、三浦半島を散歩します。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

品川から京急で久里浜へ向かいましょう。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

いきなりですが駅近くのお店で地元のお魚を

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

貝をいただきました、うまかった。
女性定員は最悪ですが。
どこにでもツウデレはいるもので、さっさと散歩にいきましょう。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

久里浜駅前風景。
さて、散歩スタート。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

昔は尻を地面を尻にこすりながら坂をくだったそうです。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

ここがペリーが黒船で来航し上陸した場所です。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

こんな感じだったらしい、大騒動だ(記念館・写真可)。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

ここに記念碑、後ろに博物館。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

伊藤博文の書か。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

こんな感じ(記念館・写真可)

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

会津藩士の墓ってここにもあるの・・・。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

はぁ?どういう意味かな。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

釣り船かな〜と思いきや漁船でした。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

バスで山を越えるか、歩くか。
山の向こうが浦賀。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

歩きまして・・・やっと下り。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

浦賀は干鰯など海産物を全国へ販売していたらしく
倉庫となる蔵が必要だったわけです。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

漆喰の土塀ではなく、石積みですね。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

東福寺。
江戸幕府浦賀奉行が就任すると必ずお参りにきたお寺です。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

注目すべきは・・・

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

何かの物語でしょうな、珍しい彫り物だ。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

蔵がみえますな・・歩きましょ。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

この昭和の建物と道のカーブが素敵です。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

なるほど〜シックでしょー。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

和菓子屋さんにはいったらのれんが黒船。
こののれんはオーダーだな〜。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

明治大正の建物も頑張ってますよ。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

春の香り・・・。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

西叶神社。
1867年慶応3年このちかくの店の樽の中から、それはまたけったいなお札がでたそうで
それが三浦半島の「ええじゃないか」につながり奉行所も手が付けられなくなりました。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

つむ・・・しかみえない。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

ハート型にみえない?

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

勝手ながらヘルメット型狛犬と呼んでいます。
繰り返しになりますが、狛犬はスフィンクスと同じ役割、同じルーツです。
狛犬より先は神域となり、そこまでは俗界ということになります。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

廻船問屋でした。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

いいでしょ。
海にうがぶ帆船をみたいな〜。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

砂糖さん、なんでもありっすか(笑)

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

なに?

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

咸臨丸出航の碑がありました。
そうです、幕末ここから近代日本が始まったんです。

1860年(万延元年)、日米修好通商条約の批准書を交換するため遣米使節団一行が
アメリカ軍艦ポーハタン号にて太平洋を横断しました。
咸臨丸はポーハタン号の別船として浦賀を出港、サンフランシスコに入港。
艦長は勝海舟(正確には勝は「軍艦操練所教授方頭取」、
木村摂津守は「軍艦奉行」であったが、通訳の中浜万次郎(ジョン万次郎)は勝が艦長、
木村が提督との説明で押し通した。福澤諭吉らも乗船していた。
万次郎以外の船員は大半が船酔いで、
技術アドバイザーとして乗船していたジョン・ブルック大尉他、
アメリカ人乗員の助けを借りての航海であった。
(WIKI)

咸臨丸は戊辰戦争に参加、その後北海道に航海中沈没、サラキ岬でした。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

昔からあったらしいですね。
浦賀の渡し。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

酔いはしないけど。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

吉田松陰が泊まった徳田屋旅館です。
吉田松陰はここから黒船に乗船を試みたわけですね。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

浦賀奉行所与力であった中島三郎助親子の墓がありますが・・・。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

ときどきこういうしょぼいお寺があります。
どんだけ懐の狭い。
御朱印代で儲けたいわけだ。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

写真上(東)を右側にすすみます。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

東叶(ひがしかのう)神社です。
ここは咸臨丸で出航前の勝海舟が断食した場所で有名ですね。
そのとき着ていた和服がまだのこっているようです。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

浦賀駅へ向かって歩きましょう。

浦賀・久里浜散歩|ペリー上陸の久里浜と咸臨丸出航の浦賀散歩

浦賀駅につきました。
次は横須賀方面に向かいましょ。


関連ページ

横須賀を散歩|お龍のお墓と横須賀の戦艦三笠を散歩
横須賀を散歩。お龍のお墓と横須賀の戦艦三笠を散歩です。横須賀は外国のようです、横須賀を散歩したのは初めてです。横須賀散歩をオリジナル写真で紹介します。それと坂本龍馬の妻・お龍が晩年過ごした街で、お龍のお墓があります。