由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

東海道の宿場町由比をつむ散歩

(2017年2月)

モヤモヤさま〜ずをみていたら尾道を散歩していた。
映画『転校生』の階段やら、原田知世さんの『時をかける少女』、
やっぱ同じ世代だな〜。
尾道といえば、『転校生』、『時をかける少女』、『さびしんぼう』
というわけで『さびしんぼう』をみながらこのHPをつくってます。

主役のひろきが、ちかくの女子高の髪の長い女の子をあこがれで
みる気持ちってよくわかるんだよね〜。

中学のとき野球部の連中の帰り道に
田柄高校の緑のブレザーとスカートで長い黒髪でさっそうと
自転車(当時カマキリ)で通りすぎる年上の女性をみんなでいいな〜って
いって目で追ったものです(笑)

今年は瀬戸内海あたりをじっくり歩きて〜な。

さて富士宮・富士山の続きです。
東海道の宿場町由比(ゆい)というところです。
浜松市と富士市の中間ってところでしょうかね。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

さて東海道本線を浜松方面へ、12時半くらい。
まだまだ午後も散歩できる。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

由比駅に着きました。
まぁこんなもんでしょ〜。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

踏み出したその足先に富士山が!!
踏み絵でもないのに踏めない。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

いい街並みでしょ。
でも人はいないけど車がときどき結構なスピードで通る。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

玄関に貼ってあるこの札みたいなものは何だろう、宇宙人か?

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

お、日本版スフィンクス!(詳しくは富士宮散歩参照)

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

この場所はオーシャンビューだ。
なんで太平洋に島があるんだと思っていたら、伊豆半島でした・・・。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

抜けるような冬の空。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

駅前に戻りました。
いったん左へいき、戻ってこれから右へ、富士市方面へ一駅歩きます。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

まかせて大丈夫だろうか・・・。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

ずっとウグイスと思ってたけど、メジロでした。
目のまわりが白いでしょ。
ウグイスはこんな抹茶色ではない、もう少し保護色にちかい茶。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

night−さんにおしえあげようか。
でも佐野ってのはめんどうだな。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

イムさんは「アジサイ」という日本語の響きがすきだといっていたが

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

ツムさんは「かまぼこ」という日本語の響きがなんともいえない
(買ってしまった・・・)。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

歩きますかね〜。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

な〜んてことない風景もよくみると

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

猫が魚を狙っていることもある・・・。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

シックな建物だ。
規模は小さいけど丁寧な仕事をしている、傑作といえるのではないか。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

建築様式よりも色使いがいい。
時代の流行であの色が使われたのか、木材の防腐剤があの色なのか。
いずれにせよ、色鉛筆12色にはでてこない中間色がいい。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

さて、作戦会議だ。
今日は熱海にとまるで決定でいいのだろうか・・・。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

地元の名物エビのかきあげと蕎麦。
このエビの相場がだいたい1個400円。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

このレストランからの景色が素晴らしい、古い街並みが上から見える。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

いい蔵ですな〜。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

さてこの宿場町の本陣=大名クラスの宿泊施設跡。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

いいね〜守衛さんにご苦労!なんていいながら大名気分ではいりたいね〜。
門をくぐったら、お風呂をどうぞなんて言われちゃって
おっといかん、妄想が独り歩き。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

街道沿いには神社仏閣が多いね〜。
下っ端の宿泊施設だったり、旅の安全を祈願したりかな。
などと思いをはせると街道はちがった風景に見えてきますよ。
ブラタモリでCG再現があるでしょ、あんな感じ。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

立派な戸袋が見えますね。
大正時代になると2階が生活スペースになりました。
というのも、たとえば江戸時代では参勤交代の大名を上から見下ろすのは
ご法度です!だから2階建てはつくれませんでした。

小諸散歩で、2階ではないといいはる(笑)
中2階の江戸時代の商家がありましたね。

ちなみに戸袋が両側にあるのは江戸風です。
片側に全部収納できるようにしているのは京都・大阪でよくみられるつくり。
これは江戸風ですな。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

歩く歩く歩く・・・・・(^^)/

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

もうおわかりでしょうが、江戸風ですね。
このおうちはけっこうなお金持ちだったのでは。

間口が広いでしょ。
間口というか、道路に面している家の幅で課税される仕組みだったので
間口は狭く、奥行きが長い建物が一般的なのですが
それをあえて間口を広く地割するということはお金持ちでしょーと推察できます。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

さて、次は熱海へいきますか。

由比散歩|東海道の宿場町由比を散歩

こんな感じ。
我ながらよく歩くわ〜、3時間(休憩のぞく)


関連ページ

富士宮散歩|冬の富士山と浅間神社を散歩
富士宮で浅間神社と商店街をつむ散歩です。浅間神社と富士山ってすごい見映え。冬の散歩で富士山は最高です。富士宮の商店街を散歩しながら、富士山もみましょう。楽しい富士散歩。
熱海散歩|夜桜と映画のような風景の熱海を散歩
静岡県熱海をつむ散歩です。熱海の散歩です。熱海を散歩なんて考えないでしょう。熱海には古い街並みがあり、建築物もおもしろいですよ。散歩中のオリジナル写真でとっておきの散歩ルートを紹介します!
青い空に映える小田原城と城下町をつむ散歩
小田原を散歩しました。小田原は小田原城の城下町であり、東海道の宿場町でもあります。それだけに小田原は古い街並みが楽しめます。海鮮のグルメも。小田原散歩をオリジナル写真で紹介します!