懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

懸魚(げぎょ)とは


「懸魚(げぎょ)」とは、神社やお寺の屋根の破風板部分に取り付けられた妻飾りのことで
屋根の構造が、シンプルな切妻造りか入母屋造りであればつきますね。

「懸魚」の語源は、文字通り「魚を懸ける」ことであり、
水と関わりの深い魚を屋根に懸けることによって、
「水をかける」という願いを込めているそうです。

木造建築はなんといっても火災がこわい。
そこで水をイメージするものをシンボル的に飾っているわけです。

起源は中国雲南省の少数民族(白沙村等)に、
魚の形をした板を屋根に懸ける風習があり、
漢字で「懸魚」と表記されることから、これが起源ではないかという説が有力です。

懸魚は研究者によると4000種類とか。
まぁ自由度が高いデザインということですな(笑)

シンプルな切妻造りは2面が空いて寂しいので懸魚で飾ったのでは・・・と個人的には思います。

■徳島県徳島市 八幡神社髄臣門

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

夕方で眉山の陰になっていますが、いい門で、キレのある懸魚でしょ〜。

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

本殿にも懸魚が。

■群馬県甘楽町のカラフルな懸魚

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

■香川県仏生山法然寺の鳳凰

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

鳳凰も懸魚のバリエーションかな〜。

■信濃国国分寺の鳳凰

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

これぞ鳳凰ではないか。
職人の技が冴えわたる。
羽ばたく迫力がある。

■佐賀県牛嶋天満宮の懸魚

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も

懸魚|寺社彫刻懸魚にみる芸術と匠の技がみえる建築様式 鳳凰彫刻も



関連ページ

看板建築とは
街歩きしていると映画館に出会います。昭和の映画館はすっかりシネコンにおされて姿を消しつつありますが、地元の応援で頑張っている映画館、残念ながら閉館してしまった映画館を紹介します。
瓦の屋根に鐘馗(しょうき)さま
鐘馗(しょうき)さまとは?鍾馗(しょうき)さまとは、中国の道教に伝わるつよ〜い神様です。この鍾馗さまを屋根の上にみることがあります。鬼より強いそうです。鐘馗さまをみつけに出かけましょう。
屋根瓦の拭き方には2種類ある
匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
鬼瓦は匠の技でいろいろあり
鬼瓦は、棟の末端に付ける雨仕舞いの役割を兼ねた装飾瓦です。
煉瓦レンガの積み方はいろいろあります イギリス積みなど 
レンガの積み方にはいろいろあります。匠の技がみえるレンガの積み方をを紹介します。レンガを積むにもいろいろ方法があるんですね。これからはレンガをみたらどんな積み方をしているのか注目だ。
隅丸建築は街のランドマーク
隅丸建築は街のランドマークです。隅丸建築は交差点を彩るその街の顔です。隅丸建築は匠の技がみえる建築様式です。その街を思い出すときこの隅丸建築を思い出すのはなぜでしょうか。
擬洋風建築とは
擬洋風建築とは?散歩をしていると洋風建築に出会います。これは西洋風な建築をまねた和建築です。具体的に擬洋風建築を独自撮影の写真で紹介します。
江戸時代の看板はとってもおしゃれ
江戸時代の看板をみてみましょう。
暖簾(のれん)がとっても好きでして 風にふかれ揺れる暖簾がすきで
暖簾(のれん)が好きでたまりません。暖簾は風にしずかに揺らぎます。おもわず暖簾をくぐりたくなりませんか。暖簾(のれん)にはそんな魅力があります。散歩でみつけたとっておきの暖簾を紹介します。
ランプと電燈・ガス燈が好きでして
ランプと電燈・ガス燈ががすきですね。おだやかな優しい白熱灯はLEDには出せない雰囲気でしょ。ランプ、電燈、ガス燈を楽しみましょうよ。
居蔵造り
匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
長屋門の魅力 武家の門 長屋門
長屋門は武家屋敷の門です。堂々とした長屋門は武家の象徴でした。明治以降は豪農も長屋門をつくるようになりました。長屋門の魅力を紹介します。匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
薬医門の基本構造と名前の由来|薬医門をつむ散歩が詳しく紹介します
薬医門の基本構造と名前の由来|薬医門をつむ散歩が詳しく紹介します匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
高麗門の基本構造と名前の由来|高麗門をつむ散歩が詳しく紹介します
高麗門の基本構造と名前の由来|高麗門をつむ散歩が詳しく紹介します匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
額縁効果は素敵な匠の技
額縁効果は素敵な匠の技ですよね〜。額縁効果は偶然できたものではなく、匠が演出したものです。コ^ヒーでものみながら外の風景を絵のようにたのしみませんか。
海老虹梁
虹梁の一種。側柱または向拝柱と本柱との間など、柱頭間に高低差のある場合に用いるエビ状に湾曲した虹梁。鎌倉時代から唐様建築に用いられた。
欄間にこそ匠の技がでる
匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
屋根で建物の区別 入母屋造り
匠の技がみえる建築様式を紹介します。建築物はパーツパーツにわけて比べるとその違いを楽しめますよ。
(-。-)y-゜゜たばこ屋のショーケースに注目、タバコ屋の歴あり
タバコ屋のショーケースには深ーい歴史がある。たばこ屋のショーケースの変遷には味わいがある。そんなたばこ屋のショーケースに注目したい。
木鼻|社寺彫刻の木鼻の種類 獅子 象 麒麟 植物などあり
木鼻を紹介します。木鼻は社寺彫刻の木鼻の種類 獅子 象 麒麟 植物などあり匠の技がみえる建築様式です。社寺は木鼻などパーツパーツにわけてみるとその社寺の違いを楽しめますよ。木鼻をたくさんのオリジナル写真で紹介します